看護予備校について

看護予備校の存在

看護予備校の存在

チラシで見つけた看護予備校に電話して行ってみました。
実家の近くにあったその看護予備校は小さな予備校でしたが
過去に何人もの方がそこから看護学校に合格した実績がありました。

 

 

30代でも看護師になれるのか、予備校の先生に聞いてみました。
先生は「大丈夫ですよ。きちんと準備と対策をすれば30代でも問題なく看護師になれます」と言ってくれました。

 

 

看護学校の入試に合格するためのいろいろな情報を教えてもらいました。
学校によって、入学試験の結果がすべての学校もあれば、高校からストレートじゃないと、いくら入学試験の点数が良くてもほとんど落とされる看護学校もあることを知りました。

 

 

そのほかにも、看護学校の入試の難易度や学費、学校卒業後の進路などについて、看護予備校ではたくさんの情報を持っていて、様々なアドバイスをもらうことができました。そして、私はその看護予備校に入学することにしました。

 

 

看護予備校で相談をしていく中で、私は看護専門学校(正看護師を養成する3年制の学校)を目指すことにしました。
4年制の大学も考えましたが、私の地域の大学は入試のレベルが高く私の学力では合格が難しそうだったことや、学費・生活費のことを考え、3年で正看護師の資格を取れる方が私には合っていると思いました。

 

 

看護予備校では、目指す看護学校に合わせて授業のカリキュラムを組んでくれました。これは、看護学校によって受験科目が違うためです。

 

 

目標にする看護学校4校の受験科目に合わせた教科集中的に勉強することで
より合格に近づけたと思います。
最初に買った看護学校入試精選問題集 も使いながら勉強することで
受験対策を進めることができました。

 

 

看護予備校では入試対策の勉強だけでなく、面接試験の指導を受けることができました。私は一度社会人になってからの看護学校受験だったので、面接ではいろいろと細かく質問される可能性が高いとアドバイスを受けました。

 

 

面接の練習では一般的な質問だけでなく
 ・なぜ前の仕事を辞めたのか
 ・なぜ今になって看護師を目指したのか
 ・周りの学生と年齢の差があるが学校生活を送る上で問題はないのか

 

など、多少イジワルな質問も想定してもらい、実際の面接は落ち着いて受けることができました。(実際の面接でもかなりイジワルな質問がありましたが大丈夫でした)

 

 

看護予備校で1年間勉強できたおかげで無事看護学校に入学することができました。
学費は教材を合わせて約40万円くらいでした。
看護予備校の学費についてはそれぞれ異なるので資料請求や電話・メールで
問い合わせして情報を集めると良いと思います。

 

 

また、私もそうでしたが実際に看護予備校に行ってみることでその予備校の雰囲気なども感じることができ、とても参考になると思います。

 

 

看護予備校の中には、社会人からの看護学校受験に特化したコースを設けている学校もあります。予備校の入学時期は4月が普通ですが、仕事を辞めて看護学校を受験する場合、入学時期が4月に間に合わない場合もあると思います。
そんなときはぜひ看護予備校に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

予備校の中でも全国展開している東京アカデミーは学費がお手頃で、4月以外の中途入学にも対応していておすすめです。
私はたまたま実家の近くに自分に合った看護予備校がありましたが、もしなかったらここに入学していたと思います。

 

 

個別相談にも対応してもらえますし、時期は限られますが
「看護・医療系学校受験対策講座」の無料体験ができます。
無料で資料請求できますので参考になるかもしれません。
資料請求は東京アカデミーのページから「看護医療学校受験」を選択するとできます。

 

 

東京アカデミーのページには
全国の看護学校の名前とホームページのリンクがありますので、どの看護学校を受験するのか考えるときに便利でした。
東京アカデミーに通わない方でも大変参考になると思います。

 

 

全国に看護予備校はたくさんありますが、もし通学が難しい場合は通信講座を受講する方法もあります。
京都にある「ライセンススクールコーポレーション」という予備校では、通学以外でもDVD・インターネットでの通信教育を受けることができます。
通信教育の受講料は一番充実している「総合」コースでも26万円です。

 

 

また、正看護師だけでなく准看護師の学校受験対策も行っていますので
まずは准看護師を目指したいという方にもオススメです。

 

 

予備校の種類

予備校には大きく分けて
通学制の予備校
通信制の予備校
があります。

 

 

ほとんどの予備校は通学制です。
ですが、事情があって通学できない場合などは通信制の予備校に入学するのも良いかもしれません。

 

 

私は通学制の予備校に入学して、実際に先生の授業を受け、アドバイスを受けられたことで希望する看護学校に合格することができました。
ですので、私的には通学の予備校を第一にオススメします。

 

 

 

 

通信制の予備校のメリット
・通学しなくても良い。
・場所を選ばずに勉強できる。
・授業料が若干安い。
・学校によってはスカイプなどを使ってインターネットで
 面談を行ってもらえる。

 

などがあります。

 

 

それぞれのいいところがありますので、自分の条件にできるだけ合った方を選ばれるといいかもしれません。

 

 

次のページ 看護師を目指す際の『正看護師と准看護師の違い』 >>