正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違い

看護学校へ入学を目指したときに、正看護師を要請する学校と准看護師を養成する
学校の2通りの選択肢がありました。

 

 

正看護師という資格は実際にはなく
「看護師」と「准看護師」を区別する上で一般的に正看護師という
名称が用いられています。

 

 

正看護師は高校卒業後、3年制か4年制の看護学校・短大もしくは大学に通い
最終学年で国家試験を受けて合格することで資格を得られます。
一方、准看護師は高卒の方の場合は2年間学校に通い
最後に都道府県の知事試験を受けて資格を得られます。

 

 

看護学校の入学試験や看護師資格の試験は准看護師の方が合格しやすいと
言われています。
実際に看護師になってからは、准看護師の方が給料は月3〜4万円程度低く
ボーナスも含めると年50〜70万円程度低い様です。
(実際の金額は病院によって異なります)。

 

 

また、准看護師だと師長などに昇進できない場合もあり
できればはじめから正看護師の資格を取った方が後々悩まなくて
いいかもしれません。
一度准看護師の資格を取り、働いてから正看護師の資格を取るという
選択肢もありますが、一度看護師として働き出してからまた勉強をするのは
体力的にも時間的にも大変な様です。
(私の職場にも准看護師として働きながら正看護師の資格を取るために
通学している方がいますがとても大変そうです)

 


 

正看護師・准看護師の違いは実際の医療現場で患者さんからは
区別が付かないと思いますし
業務上もほとんど変わらないところが多いのではないかと思いますが
給料や昇進の面で大きな差がある場合が多いです。
私の職場では准看護師でも肩身の狭い思いをされている方はいない様ですが
同じ仕事をしているのに給料が大きく違うので不満を持っている方もいる様です。

 

 

次のページ 『看護学校での生活』 >>