看護師になってからの経験

看護師になってから経験したこと

看護師になってから

私は看護学校が付属していた総合病院に就職しました。

 

 

2交代制の病院で、月の残業時間は30時間から40時間程度。

 

 

40時間も残業すると、看護師の仕事は肉体労働が多いので
正直言って結構しんどかったです。
でも、残業代は働いた分のほとんどもらえていたので満足していました。

 

 

看護師の仕事は専門職なので、就職後も日々勉強です。
(帰宅後、何もせずに疲れて寝てしまうことも結構ありましたが・・・)。

 

 

看護師の仕事の中で一番大切なのは患者さんへの「思いやり」だと思いますが
その次に大切なのは専門職としての技術・知識だと思います。

 

 

患者さんに何か援助をするときに、何となく必要だと思ったから援助するのではなく
そのエビデンス(根拠)を問われることが多いです。

 

 

また患者さんに対しての援助を事故なく安全に行うためにも
技術・知識は必要だと思います。なので、日々の勉強は欠かせません。

 

 

看護技術やエビデンスも日々新しくなります。
新しい情報を得るために私は看護雑誌を定期購読していました。

 

 

私のオススメの雑誌はこの3つです。
 ・エキスパートナース
 ・月刊 NURSiNG (ナーシング)
 ・ナース専科

 

 

エキスパートナースは定期購読し、他の2つはamazonでタイトルを見て
面白そうな記事があったときに時々購入していました。
(全部定期購読するとお財布にきびしいし、読み切れないので・・・)

 

 

どの雑誌が一番というのはないと思います。
上記以外でも専門分野に特化した雑誌も数多くあります。

 

 

定期購読していると、1年周期くらいで同じような内容の記事が出てきます。
もちろん、新しい技術など内容は更新されていきます。

 

 

雑誌選びは実際に手に取ってみて
直感で「面白そう」「読みやすい」「役に立ちそう」など
フィーリングのあったものを選ぶといいかもしれませんね。

 

 



医療ワーカー