認定看護師とは

認定看護師とは

認定看護師とは

認定看護師とは、日本看護協会の認定審査に合格し
ある「特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有すること」が
認められた看護師のことを指します。

 

 

現在、認定看護師は合わせて21の分野があります。

 

・救急看護

 

・皮膚・排泄ケア

 

・集中ケア

 

・緩和ケア

 

・ガン化学療法看護

 

・ガン性疼痛看護

 

・訪問看護

 

・感染管理

 

・糖尿病看護

 

・不妊看護

 

・新生児集中ケア

 

・透析看護

 

・手術看護

 

・乳ガン看護

 

・摂食・嚥下障害看護

 

・小児救急看護

 

・認知症看護

 

・脳卒中リハビリテーション看護

 

・ガン放射線療法看護

 

・慢性呼吸器疾患看護

 

・慢性心不全看護

 

 

 

 

認定看護師を目指す上で必要な条件は
実務経験が5年以上で、うち3年間は特定分野の実務経験がある方。
認定看護師教育機関で6ヶ月以上、連続した昼間の教育を受ける
ことが条件となっています。

 

 

資格を取得するためには、今までの経験年数や経験分野だけでなく
半年以上、昼間の授業を受けなくてはならないので
現在勤めている病院から給料や学費をもらいつつ学校に通わせてもらい
資格取得後にその病院で勤務しながら資格を役立てるというのが
現実的かも知れません。

 

 

私の職場にも認定を取った看護師は何人かいます。
特に褥瘡のケアについて
「皮膚・排泄ケア」認定看護師の方には
その患者さんの状態に合わせたケアのアドバイスを
いただいています。
私の心強い味方です。

 

 

一方、給料面では、基本給や昇給などの評価がなく、資格手当もない施設が約5割に上ります。
資格手当として手当を支給している施設は約3割で月に数千円から1万円程度の施設が多いようです。
(私の勤務先では月5,000円です)
給料のことだけで言えば大幅アップは期待できないかも知れません。

 

 

認定看護師の方々はその分野のエキスパートになるので
周りからも頼られる存在になると思いますので
やりがいはとってもあると思います。

 

 



医療ワーカー