潜在看護師とは

潜在看護師

潜在看護師

看護師の資格を持っているけど、結婚や出産、子育てなどのために現在看護師として勤務していない方々のことを潜在看護師と呼んでいます。
潜在看護師の数は現在、全国で55万人いると言われています。

 

 

潜在看護師の方々で、半数以上の方々はなんらかの形で復職したいと考えているというデータがあります。しかしながら、何年も現場から離れている間に手技や知識を徐々に忘れてしまった、医療技術の進歩について行けるのか不安があるなどの理由で復職に踏み切れない方が多いのも事実の様です。

 

 

一方、医療機関側は慢性的に看護師不足のため、そんな潜在看護師の方々に熱いラブコールを送っているところも少なくありません。

 

 

「ラブコール」とは何かと言うと、潜在看護師復職プログラム制度を積極的に取り入れている医療機関が増えていることです。復職プログラムでは、採血・注射をはじめ、心肺蘇生・感染管理や医療機器の取り扱い方法、電子カルテの使用方法の研修を行ったりして復職を支援してくれます。

 

 

また、潜在看護師復職プログラムは医療機関だけでなく、看護協会でもそれに準じた講習会を開催しています。

 

 

潜在看護師の方々にできるだけ復職してもらい、看護師不足を改善しようという取り組みが増えています。

 

潜在看護師

 

潜在看護師復職プログラムを取り入れている医療機関を探す方法

潜在看護師復職プログラムを取り入れている医療機関を探す方法は、大きく分けて2通りあります。
@看護協会(eナースセンターを利用する)
A民間の看護師求人サイトを利用する

 

 

最近では看護協会でも積極的に潜在看護師の復職を支援しています。看護協会では潜在看護師復職プログラムを取り入れている医療機関の情報を得ることができます。
また、その医療機関を紹介してもらうこともできます。
しかしながら、看護協会では復職後の給与や勤務条件など細かい部分は分かりません。その医療機関の求人情報からおおよその情報を得られるだけで、詳細は自分でその医療機関に確認するしかありません。

 

 

一方、民間の看護師求人サイトを利用すると、求人サイトの担当者が代わりに給与や勤務条件などの細かい条件をあらかじめ確認してくれるので、不安な部分を解消して復職することができます。
医療機関への連絡や施設見学、面接など全てを代行してくれるので、余裕をもって復職活動をすることができます。

 

 



医療ワーカー