退職の何ヶ月前に伝える?

退職は何ヶ月前に伝える?

退職は何ヶ月前に伝える?

民法では、退職する2週間前までに退職の意思を伝えれば問題ないとされていますが、
就業規則で「1ヶ月以上前に」などと期間が決められている場合は就業規則が優先されます。

 

 

看護師の場合は、退職することで勤務表にも影響しますから「飛ぶ鳥後を濁さず」で、
職場に迷惑をかけないように遅くても退職の1ヶ月前に意思を伝えた方が良いでしょう。

 

 

ただ、円満で希望通りの退職をする為にはさらに早めに退職の意思を伝えた方が無難です。
管理人の経験では退職3ヶ月前までに退職の意思を伝えれば、問題ありませんでした。

 

 

引き止めにあうと退職が延びてしまう可能性がありますので、
余裕をもって退職日の調整をすることで希望の退職日を受け入れてもらいやすくなるでしょう。

 

 

なお、退職届は社会一般的なものでOKの病院もあれば、その病院のフォーマット(届け出用紙)が決まっているところもあります。

 

 

退職届のフォーマットが決まっている場合は、事務的な内容を書くだけだったりしますので、
その場合は退職届の書き方で悩まなくて済みますね。

 

 

次の勤務先が決まっている場合は伝えた方が良い?

次の勤務先の内定をもらっている場合は、
そのことも上司に伝えた方が退職日の調整がしやすくなる可能性が高いです。

 

 

もし、まだ次の勤務先が決まっていないと上司に伝えれば、引き止めにあう確率が高いからです。

 

 

次の勤務先を今の職場の人に知られたくないという人もいると思いますが、
看護師の業界は狭いので、あとあとバレてしまう(悪いことをしている訳ではないのですが)
可能性があります。

 

 

ですので、今の職場にも次の勤務先をはっきり伝えた方が良いかも知れません。

 

 



医療ワーカー

 

有給休暇は消化できる?>>