夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師のメリット

高収入

給料は夜勤1回あたり3万円前後(2交代制)のところが多いので
短期間でも高収入が見込めます。

 

 

月に10回夜勤すると30万円程度になるので金額的に魅力的ですね。

 

 

夜型の人には向いている

夜勤専従看護師は「サーカディアンリズムが狂うから体調を崩しがち」なんて言われることも
ありますが、元々夜型の生活を送っている人にとっては好都合だったりするかもしれません。

 

 

2交代制の夜勤専従だと勤務時間が長いので体調管理が大変という場合もありますが、
3交代制の夜勤専従の場合は準夜で専従、あるいは深夜で専従することで
意外に体調管理は出来てしまうかもしれません。

 

 

休みの日は時間をフルに使える

夜勤専従看護師は、勤務日数は月に10日前後(2交代制の場合)のところが多い様です。
フルタイムの看護師と比べると休日が多くなる分、ゆっくり過ごせる時間は長いと言えます。

 

 

少ない勤務日数で効率良く収入を得られるので、
プライベートを充実させたい方にはピッタリの働き方かもしれません。

 

 

日勤のリーダー業務がない

日勤のリーダー業務がないので、その分ストレスが大幅に少なくなると思います。

 

 

リーダー業務で医師と看護師スタッフ、患者さんとの間で板挟みにあって
辛い思いをされている方もきっと多いと思います。

 

 

夜勤専従看護師になることで日勤リーダー業務から開放されるのは
大きなメリットではないでしょうか。

 

 

託児所を利用すれば育児ママでも夜勤専従ができる

24時間利用可能な託児所を用意している病院・施設は増えていますので、
勤務中に子供を預ける心配なく働くことが可能です。

 

夜勤専従看護師のメリット

 



 

夜勤専従看護師のデメリット

体調を崩しやすい

3交代で準夜のみ、深夜のみなど、勤務時間が一定であれば良いのですが、
勤務時間が長い2交代制だったり、準夜と深夜が入り交じった3交代制の夜勤専従の場合は
リズムが崩れて体調を壊してしまう方もいる様です。

 

 

社会的な関わりが少なくなるかも

夜勤専従看護師になった場合、昼間寝ている時間が長くなるため
家族や地域・社会とのつながりが薄くなってしまう可能性があります。

 

 

家族と接する時間が少なくなったり、ご近所やお友達との付き合いが薄くなって
しまうかもしれません。

 

 

『そんな事、全然気にしない』っていう方には問題ないかもしれませんね。

 

 

夜勤中の責任が重い

夜勤では、看護師の数が少ないですから、一人の看護師の責任は必然的に重くなってしまいます。
必然的に毎回夜勤の勤務になってしまうので、常に責任は重くなってしまうかも知れません。

 

 

ただし、業務になれてしまえば必要な業務を淡々とこなしつつ、万が一の急変や即入の対応方法等を理解できていれば、何かあった際にも問題なく対処できるでしょう。

 

夜勤専従看護師のデメリット

 

夜勤専従看護師の求人を探す場合の注意点

年収ベースで給料を考えた方が無難

長期間、夜勤専従看護師をされる予定の方は、年収ベースで給料を計算した方が無難です。

 

 

夜勤専従看護師=高収入 のイメージがありますが、
年収ベースで計算すると意外に給料が高くない場合があります。

 

 

意外に給料が高くならないケースとしては、ボーナスの金額が低い場合が挙げられます。

 

 

常勤の夜勤専従看護師の場合でも、月の夜勤回数が一定の条件に満たない場合は
一般の正職員と比べてボーナスが減額される場合があるのです。

 

 

日勤もしてほしいと依頼される場合アリ

特に常勤の場合、夜勤専従だけでは常勤の規定日数に足りないから日勤もして欲しいと
頼まれることがあります。

 

 

時々日勤しても良いという方には問題ないですが、
この辺の条件も入職前にキチンと確認されることをオススメします。

 

 

常勤とパートではどちらがお得?

夜勤専従看護師にもパート扱いと常勤扱いがありますが、常勤と同じ勤務日数を働くのに
病院・施設の都合でパート扱いになって損をする場合も考えられます。

 

 

勤務日数

 

 

月に10回前後の勤務日数を働く方の場合は、常勤がいいのかパートがいいのか
条件をよく確認されることをオススメします。

 

 

常勤でもパートでも、特に夜勤専従看護師の場合は業務内容に違いがない場合がほとんどなので
業務上で背負う責任は変わらないことなども踏まえた上で検討されるといいかもしれません。

 

 

 



医療ワーカー